2020.04.27仕事

持続化給付金に関するお知らせ

経済産業省HPに速報版が出ていますdanger

法人の場合最大200万、個人事業者の場合最大100万となりますが、昨年1年間の売上からの減少分が上限となりますdanger

コロナウイルス感染症の影響により前年同月比50%以上売上が減少している方が対象となります。

昨年創業した方、売上が一定期間に偏在している方等には特例があります。

予算成立後、1週間程度で申請を開始する予定です。

 

当事務所では原則、前月の試算表までは当月に完成している前提でおりますので、必要な資料はすぐに用意でき申請可能ですhappy01

先日も融資のお手伝いをさせていただきましたが、助かりました!!とお客様から感謝のお言葉をいただけて、お客様のお役に立てることが税理士の仕事で何よりのやりがいだと実感していますhappy01

 

 

 

 

 


2020.04.20相続税

相続対策の仕事

将来の相続対策に必要な複雑な土地の評価を行っています。

土地家屋調査士用の定規がとても役に立ちます!

接道義務について調べているところdanger

土地評価するときに、接道義務を満たしていない土地がある場合は注意です。

 

IMG_20200420_170957.jpg

 

 

画像の定規は土地の評価で非常に役に立ちます!

公図の縮尺にあった縮尺の目盛りに合わせれば、すぐに計測できます。

(実際の申告では地積測量図で正確な長さを出します)

 

相続や資産税の仕事は、法人税や所得税等と違って、このような知識も必要になります。

そして、色々勉強しているものの、始めて遭遇する事が多々あります。

 

1つ1つ経験を積むことがこの分野では大きな強みになると思いますflair

 

 


2020.04.16つぶやき

確定申告業務完了

先月末から昨日にかけて、ご依頼をいただいた確定申告業務が完了しましたhappy01

申告期限が伸びた関係で、昨日のご依頼を先程無事スピード申告完了sign03

コロナウイルス感染拡大に伴う学校の臨時休校で母業の負担が増していましたが、無事に2月からの繁忙期、風邪も引かずに乗り切ることができて感謝ですshine

これからは、3月決算、通常業務を行いながら、相続の仕事、相続対策の仕事へギアチェンジです。

 

以前から対応しているオンライン相談(スカイプ面談等)、この情勢ですのでお気軽に相談承りますhappy01

コロナウイルス関連の融資を受ける場合、直近の試算表等が必要となりますので、ご要望に合わせて対応させていただきます。

微力ながら皆様のお力になれると幸いです。

 


2020.03.30つぶやき

コロナウイルス

最近、コロナウイルス感染拡大に伴い、お客様の融資の書類作成の支援等でバタバタしておりました。

お客様にとって最善の方法を一緒に考えていく姿勢ですpunch

雇用調整助成金や無利息融資について、誤解されていらっしゃる方が意外と多いですcoldsweats02

そして、雇用調整助成金に関しては、対象とならない中小企業が意外といらっしゃるのでは?と思いました。

各機関のHPで確かな情報を収集・税理士に相談するのが確実と思います。

 

そんな中、ドイツのお客様は先週から約2週間、休業中coldsweats02

急ぎの用事ではないため、営業再開後に連絡を取りますが・・・

ヨーロッパ各国の感染状況を鑑みると、感染がこれ以上拡大しないための賢明な判断だと思います。

 

感染終息の見通しが立たず、不安な毎日ですが、お客様のためにできることを精一杯支援させていただきますsign03

 


2020.02.18税金

建て替えの場合の住宅ローン控除

私の事例でもあります。

先月末、無事自分の確定申告が完了しました。

元夫と共有で中古住宅を購入して住宅ローン控除を適用し、離婚後、銀行の審査を無事通過して、財産分与として免責的債務引き受けにより私単独債務になりました。

このようなレアなケースのため、財産分与前の自分の持ち分、財産分与によって承継した持ち分及び債務(こちらも10年控除できるので、最初の自分の持ち分より長くローン控除できます)、2以上の年にわたる住宅ローンを有するため、手書きで住宅ローン控除の計算明細書を作成していた次第ですcoldsweats01

昨年、その住宅を取り壊して9月に新築しました。

旧家屋の住宅ローン残債(建物部分の返済は終わっていた計算で、土地の購入金額の残債が残っている形)は4月解体前に繰上返済して、残債を借換。

プラス9月に新築した家屋について住宅ローンを組みました。

ローン契約は2本あります。

ここで問題です。

以前からの住宅ローン(銀行から住宅借入金残高証明が発行されています)=土地部分のローンは令和元年分の住宅ローン控除適用できるでしょうか?

 

正解はNO!

 

残念ながら、こちらは対象外。家屋のローンだけ控除対象となります。

家屋の取得と「ともにするその家屋の敷地の購入」じゃないとNGですdanger

わかっていたけど、土地の部分のローン控除が受けられないのは悲しいな・・・

頑張って繰上返済しますbearing

 

以下、参考までにその理由を解説します。

なかなかマニアックな事例ですが、中古住宅を住宅ローン組んで購入した後に、建て替えして建物に関しても住宅ローンを組まれる方、注意ですよ。

 

 

(消費税率8%を前提)

 

租税特別措置法第41条第1項では、居住者が、国内において、居住用家屋の新築等若しくは既存住宅の取得又は増改築等をして、これらの家屋をその者の居住の用に供した場合において、その者がその居住用家屋の取得等に係る借入金等の金額を有するときは、その居住の用に供した日の属する年以後10年間の各年のうち、その者のその年分の所得税に係るその年の合計所得金額が3,000万円以下である年については、その年分の所得税の額から、住宅ローン控除額を控除すると規定されており、また、その適用は、居住日以後その年の12月31日(その者の死亡又は家屋の災害により居住の用に供することができなくなった場合にはその日)まで引き続きその居住の用に供している年に限るとされています。


 この点、旧家屋の場合は、取り壊して新築住宅に建て替えたということなので、上記かっこ書の事由には該当しないため、旧家屋を取り壊した年の12月31日まで引き続き居住の用に供していなければならないことになりますが、取壊しによって現存しない旧家屋に引き続き居住するということは物理的に有り得ませんのでcoldsweats01

当該旧家屋については、同年12月31日まで引き続き居住の用に供されていないということになります。


 したがって、旧家屋について、令和元年分以後の住宅ローン控除の適用を受けることはできないのです。


 また、住宅ローン控除の対象となる借入金等には、家屋の新築又は購入と「ともにするその家屋の敷地の購入」に要する資金に充てるための借入金等も含むとされていますので(措法41条1項1号、措令26条8項1号)、土地等の取得に係る借入金等が住宅ローン控除の適用対象となるためには、その前提として、当該土地等の上に建築されている家屋が居住の用に供されていなければならず、当該家屋を取り壊すなどして居住の用に供されなくなった場合には、その敷地の取得に係る借入金等も住宅ローン控除の適用対象とはならなくなります。


 つまりは、旧家屋とともに購入された本件土地については、上記1のとおり、旧家屋が取り壊されるとともに居住の用には供されていないことになるため、本件土地に係る住宅ローン控除は、令和元年分以後、適用を受けることができないのです。


特例として、新築をした居住用家屋の敷地の用に供する土地をその新築の日前2年以内に取得した場合において、その土地の取得に要する資金に充てるための一定の要件を満たす借入金を有する場合にも、住宅ローン控除の適用が認められることになりますが(租税特別措置法施行令第26条第8項第6号)、私の場合、本件土地を取得したのが平成29年9月、本件土地上に住宅を新築して居住を開始したのが令和元年9月ということであれば、上記「新築住宅の建築の日前2年以内に敷地を取得した」ことにはなりますが・・・

そもそも住宅ローン控除の対象となる土地に係る借入金等とは、上記のとおり、家屋の新築又は購入と「ともにするその家屋の敷地の購入」に要する資金に充てるための借入金等とされており、本件土地も旧家屋とともに取得されたものとして住宅ローン控除の適用を受けていたものなので、これが新築住宅の敷地として新築住宅とともに取得されたものでないことは明らかです。
 そうしますと、本件土地について、その取得後2年以内に住宅が新築されたことをもって、租税特別措置法施行令第26条第8項第6号を適用し、新築住宅の敷地として引き続き住宅ローン控除の適用を受けることはできないのです。


したがって、旧家屋及び本件土地については、令和元年分以後の住宅ローン控除の適用を受けることはできませんが、新築住宅については、一定の住宅ローン控除の適用要件を満たしているものであれば、その取得に要した借入金について、居住を開始した令和元年分以後の10年間、引き続き居住の用に供している年に限り住宅ローン控除の適用を受けることができます。


2020.02.12仕事

税務支援

2月1日をスタートに、ハウスメーカー様、税務署、税理士会等の確定申告時期の税務支援のお仕事が続きます!

本日は、北海道税理士会の札幌西支部の有料相談事業の相談員のお仕事に。

全部で9件の申告書作成や税務相談を行いましたflair

HPからのお問い合わせで確定申告のお仕事を受けたり、新規のお客様が増えてありがたい限りですshine

休憩時間に食べた味噌ラーメンrestaurant

温まりました!

 

IMG_20200212_123841.jpg

夕方帰宅してからも、12月決算や確定申告や毎月の仕事等、今日もびっしり仕事です。

税務支援の仕事が今週はあと2日入っていますので、事務所にいるうちに、どんどん仕事を完了させないとscissors

寒さが厳しい時期ですが、皆様もご自愛くださいconfident

 

 

 


2020.01.20つぶやき

1月も2/3経過

今年もよろしくお願い致しますconfident

近年は本当に時の経過が早すぎます・・・

 

今年は、税務署・税理士会西支部・税理士会等の税務支援の仕事が10件も入っていますcoldsweats02

仕事量も毎年増加の一途、年明けから順次仕事を完成させいている状況です。

だから、申告できる仕事はすぐに申告を完了させたいと思って、日々、着々と仕事を行っていた矢先・・・

 

本日判明したショッキングな出来事・・・

パソコンの入れ替え作業を行わないと(TKCシステムを使用するためのサーバー設定等の完備)、個人の確定申告書が作れない・・・shock

開業時に購入したPCですが、2月のアップデート時までに入れ替えをする段取りで問題ないということで、PCだけ購入して待っていたので・・・

青色申告決算書までしか作れなくて困っていますsweat01

そんな重要なこと、どこにも書いていなかったはずです

サーバーから最新のプログラムに自動更新されているはずなのに、なぜ!?と悶々としていた週末。

今日の通知の小さな注意書きを見て、だからか~shockと発覚した次第です。

今週中には申告できるはずですが、申告できる段取りで準備していた仕事は早く完了させたいですねweep


2019.12.13仕事

年末調整

12月に入り、繁忙期に突入しましたdash

年末調整の時期になったので、着々と作業を開始していますflair

配偶者特別控除を受けられる方は、年収が確定しないと控除金額が確定できません。

昨日1件、本日1件、年末調整の作業が完了しましたsign03

毎年クリスマス前後は、業務が殺到してとても大変な事態になるため、今年はより一層早く作業を開始して余裕をもって25日払、25日源泉還付する関与先様に対応する段取りでいます。

新規の確定申告のご依頼もいただきましたhappy01

お願いして本当に良かった、安心しました、と言われるように仕事を遂行したいと思いますhappy01


2019.12.02つぶやき

5年

12月1日で当事務所開業5年を迎えました。

関与先様をはじめ、取引先の皆様のおかげでございますshine

事務所を開業した5年前、当時2年生の長男を筆頭に末娘は1歳でした。

保育園に娘を預け、幼稚園に2人を預けて、無我夢中で頑張っていた5年前。

末娘もいつの間にか1年生になり、長男は中学生、この5年でグッと子育ても楽になり、育児の負担が減った分、仕事へシフトできる体制が整いつつあります。

この5年の間に、色々と気づき得ることが沢山ありました。

どんな経験も自分の糧になると思い、5年前の気持ちを忘れずに精進していきたいと思いますshine

 


このページの先頭へ